スポンサーリンク

エクセルの関数、初心者はコレだけ覚えればOK

スポンサーリンク

エクセルは仕事柄、使わない日はないといっていいほどよく使います。

自分で言うのもなんですが、エクセルは使いこなしている方だと思います。

 

とはいっても、普段使っている機能はそんなに多くありません。

 

中でもエクセルの関数は膨大な数がありますが、

これらを多く覚えれば覚えるほどよいかというと、

全くそうは思いません。

 

必要最低限の関数だけ覚えればあとはなんとかなるもんです。

 

パレートの法則(20対80の法則)がここでも生きていて、

全体の20%覚えれば(もっと少ないかも)

ほとんどの業務はできちゃいます。

 

あとはGoogleやYahooで「excel ○○する」なんていうキーワードで検索すれば、

ほぼ100%誰かが丁寧に解説してくれています。

 

私も関数は必要最低限しか覚えていません。

関数の名前は知っていても、

引数に何を持ってくるのか知らないものも多いです。

 

でも「excel  ○○」で検索して出てきた関数を使って

日々の業務をこなしています。

 

ただ、この関数だけは最低限覚えておかないと、

ちょっと先に進めないというものはあります。

逆にこれを知っていればあとは何かと応用でなんとかなります。

 

それは、

  • if
  • sum
  • vlookup
 

これだけはまず先に覚えておきましょう。

っていうか、だれでも最初に勉強するであろう関数です。

 

例えば、平均値を求めるaverageとかもexcelの本を読めば

必ず最初の方に載っていますが、業務で使ったためしはありません。

っていうか、平均なんてsumを使えば同じことできますよね。

 

count系も最初に覚えさせられますが、

これもifsumで代用できます。

 

というわけで、

エクセル初心者にオススメの関数の覚え方は、

 

<レベル1>
  • if
  • sum
<レベル2>
  • vlookup
<レベル3>
  • counta
  • countif
  • sumif
 

とりあえずこれだけ覚えれば、

まずは大抵のものはできちゃいます。

 

引数に何を入れるのか分からなくてもOKです。

まずは名前と何ができるかだけ覚えましょう。

名前さえ覚えておけば、

「excel  名前」で検索すれば必ず使い方はわかります。

 

私はこの方法だけで、少しずつ使いこなせるようになりました。

大事なものは何度もでてくるので、必然的に体で覚えるようになり、

今ではVBAも使えるまでになりました。

 

初心者の方はあれもこれもと欲張らずに

まずは小さく始めてみましょう。

 

<こちらの記事もおすすめ>

パソコンが最短で得意になるコツとは?

あなたはエクセルやワードは大丈夫ですか?

Excel初心者が関数より先に覚えるべきこと(絶対参照・相対参照編)


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration