スポンサーリンク

無料なのに高機能!クラウド会計ソフトRUCARO(ルカロ)

スポンサーリンク

最近ではクラウド上で使える会計システムがいろいろとリリースされていますね。

 

クラウド上なので、いつでもどこでも会計を管理することができますし、

会計ソフトにはWindows系が多い中、

ブラウザさえ入っていればいいのでMacで会計ソフトを使いたい人にも向いています。

 

ただ、会計ソフト会社のサーバー上にデータを保存しているわけなので、

機密情報である自社の会計帳簿や金融機関のIDやパスワードを預けることに抵抗を感じる方も多いようです。

 

このデメリットを解消してくれるのがRUCARO(ルカロ)です。

今回はこのシステムをご紹介します。

 

このRUCARO(ルカロ)が他のクラウド会計と違うところは、

会計システム会社から会計システムをレンタルするのではなく、

自前のサーバーや自分で契約したレンタルサーバー上に会計システム自体を設置するので、

他には知られたくない会計帳簿や銀行のIDやパスワードを外部に渡すことがない点です。

 

そのためプライベート性が確保されています。

難点は自分でサーバーを契約しないといけないことですね。

 

といっても、安いところだと数百円程度で借りることができます。

 

・ファイアバード(500円/月)

・クイッカ(ライトプラン250円/月)

・さくらレンタルサーバ(スタンダード515円/月)

 

詳しいインストール方法はRUCAROのサイトに載っていますが、

IT系に弱い人はちょっと苦戦するかもしれませんね。

そこもちょっと難点でしょう。

 

ただそこをクリアしさえすれば、無料でかなり高機能の会計ソフトが構築できるので

やってみる価値は十分あると思います。

 

まとめますと、

メリットとしては、

・ずっと無料

・クラウドなのでどこでも入力可能

・MacやiPadでも入力可能

・銀行明細、POSのデータなどの取り込みを自動化できる

・パソコンの前にいなくても領収書をケータイで撮ってメールするだけで領収書管理ができる。

・開発は常に進んでいるので日々使いやすさが進化している

・税制改正にも迅速に対応してくれる

・API機能があるので、自社用に特化したシステムの開発がしやすい

・複数人でのアクセスに対応

 

デメリットは、

・月々のサーバー代がかかる

・設置までちょっと手間がかかる

・機能が多すぎて逆にインターフェースが分かりずらい

といった感じでしょうか。

 

「ちょっと試してみたいけど、まだ使うかどうか分からないからサーバー契約するのはちょっと、、、」

という方はパソコン内にサーバー環境を構築できるんで、

それを試してみてもいいと思います。

 

ちなみに、クラウド型の会計として有名なのはfreee(フリー)でしょうか。

最近よく広告などで見る機会も多いです。

 

あちらはあちらで、「簿記を知らなくても使える」という点で優れていると思います。「借方」とか「貸方」とか簿記を意識しないで使えるように設計されています。

そのため、逆に経理担当者の方などで簿記の知識がそれなりにある場合は、free(フリー)の方はしっくりこない気がします。

 

RUCAROは他の会計ソフトと同じように仕訳の形式で入力するので、

そちらに慣れている方、ゆくゆくは簿記も身に着けたい場合はRUCAROが適していると思います。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration