スポンサーリンク

ヤフオクの自動入札が怖い?

スポンサーリンク

ヤフオクの自動入札について質問がありました。

ヤフオク初心者の方はどうやらこの自動入札というものがよく分からない方が多く、とんでもない高い金額を払わないといけないのではないか?と心配している方もいるみたいです。

ヤフオクに使い慣れている方なら「まさか!」と思われるでしょうが、私も初めてヤフオクを使ったときは怖かったのを覚えています。

 

しかも「自動入札」という機能を(信じられないかもしれませんが)「どこまでも入札してしまうのではないか?」と怖がる方も私の知人でいらっしゃいました。

 

はじめに整理しておくと、ヤフオクで標準機能の自動入札は「この金額までなら出していい」という金額です。

「この金額」を決めて入札画面に設定して入札すれば、それ以上の金額になることはありません。

 

どうしても欲しい商品だけど、できるだけ安く落札したい。

誰しもがそう考えるでしょう。

 

でも、高く入札すればそりゃいつかは落札できるでしょうけど、それはしたくない。

安すぎてもすぐにライバルに超されて落札なんかできっこない。

 

 

これを解決するには、その商品の相場を知ることです。

その商品が過去にどれぐらいの価格で落札されているのか?

これを知れば高い金額で入札してしまってベラボーに高い金額まで釣り上げることもなくなるし、安すぎる価格で入札して落札できないことも避けられます。

 

そんなときは、オークファンというサイトで過去の落札相場を調べることができます。

ゲストユーザーだと3カ月、無料会員で6カ月までしか過去相場を見せてくれませんが、有料会員だと過去3年分の相場を調べることができます。

 

 

特に今では販売していないようなレア・マニアックな商品ったりすると、

今後その商品は現れないかもしれない。

この機会を逃すともう手に入らないかもしれないから、どうしても落札したい!

 

そういう商品って海外にもファンが必ずいてebayでも高く売れたりするのでオイシイ思いを何度も経験しています。

そういう商品は必ず落札したいところです。

 

しかし、ずっとパソコンの前にいるわけにもいかないので、ヤフオクの自動入札を利用することになります。

 

その場合、自動入札価格が安すぎても落札できないし、高すぎても損をしてしまうので、過去どれぐらいで落札されていたのか相場を知っておかなければなりません。

 

ただ、レアもの、マニアもの、絶版商品ともなれば、過去3カ月、6カ月では出品自体が無かったりするので、相場を知ることができないんです。

3年分の過去相場を調べれば、過去にポツポツと出品されていたりするものです。

 

この価格を参考にしつつヤフオクで自動入札設定を行います。

(なので私にとってオークファンはeBayで売るための仕入ツールとして必須のツールです。)

 

ただ、ヤフオク標準の自動入札ではちょっと問題があるんです。

こちらの記事に書いています。

ヤフオクの自動入札ツールのおかげで仕入力アップ!

ヤフオクの自動入札アプリで利益を最大化できる理由

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!→問い合わせ
ページ上部へ戻る
Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function mysql_connect() in /home/potemkin/akindow.com/ra_core/system/RaModel.php:524 Stack trace: #0 /home/potemkin/akindow.com/ra_core/system/RaModel.php(145): RaModel->_dbConnect() #1 /home/potemkin/akindow.com/ra_core/application/models/Log.php(53): RaModel->__construct('log_201709', false, 'log') #2 /home/potemkin/akindow.com/ra_core/application/libs/Track.php(553): Log->__construct() #3 /home/potemkin/akindow.com/ra_core/application/libs/Track.php(911): Track::writeLog(Array) #4 /home/potemkin/akindow.com/public_html/ra/phptrack.php(18): Track::doPhpTrack(NULL) #5 /home/potemkin/akindow.com/public_html/wp-content/themes/an_tcd014_3/footer.php(81): _raTrack() #6 /home/potemkin/akindow.com/public_html/wp-includes/template.php(684): require_once('/home/potemkin/...') #7 /home/potemkin/akindow.com/public_html/wp-includes/template.php(643): load_template('/home/potemkin/...', true) #8 /home/potemkin/akindow.com/public_html/wp-includes/general-template.php(84): locate_templat in /home/potemkin/akindow.com/ra_core/system/RaModel.php on line 524