スポンサーリンク

ヤフオクの自動入札で必須のツール、「仮想デスクトップ」の登録方法

スポンサーリンク

こちらでヤフオクの自動入札での仕入れがオイシイという話をしました。

ヤフオクの自動入札ツールのおかげで仕入力アップ!

 

BidMachine(ビッドマシーン)と24時間稼働させるためのクラウド上のデスクトップ環境が必要で、

仮想デスクトップを使うならコレがおすすめです。

→ Windows仮想デスクトップ

 

登録手順にちょっとつまづきそうだったのでこちらで解説させていただきます。

 

サイトに行くと仮想デスクトップのプランが並んでいます。

一番安いWin1のプランで十分です。

ヤフオク 自動入札 ソフト

 

申込みはページの下の方のボタンから入ります。

ヤフオク 自動入札 ツール

 

仮想デスクトッププランの「Win1プラン」を選択します。

ヤフオク 自動入札 ツール

 

お支払方法 ・・・ ご希望の決済方法を選択します。

ドメインの取り扱い ・・・ 「ドメインの指定はしない~」でOK

ドメイン名 ・・・ 空欄でOK

ヤフオク 自動入札 ソフト

 

各「同意する」にチェックを入れて、ボタンをクリック

ヤフオク 自動 入札

 

お好きな契約期間を選択して、「見積もり画面へ進む」をクリック。

ヤフオク 自動入札 ツール

 

あともう少しです^^;

見積もり画面が表示されるので、「同意する」をチェック。

ビッドマシーンを常時起動

 

 

「WindowsServer2012R2」にチェック。

bidmachine 設定

 

「申込者情報の入力、注文へ進む」をクリック。

ヤフオク 自動入札 ツール

 

 

必要項目を入力して「注文内容の確認へ進む」をクリック

Windowsデスクトップで自動入札

 

 

クレジットカードの登録を行い、「注文を確定する」をクリック。

ビッドマシーン ヤフオク 自動入札

 

これで登録完了になります。

ヤフオク 自動入札 ソフト

 

お疲れさまでした。

 

利用できるようになるまで少し時間がかかります。

メールでサーバー情報が送られてきますので、こちらの情報を使ってリモートで操作していくことになります。

 

準備が完了するとこのようなメールが送られてきます。

件名:[ABLE:VPS] VPS(Winプラン)設定完了通知

 

このメールの中に、リモート接続するための情報があります。

【 WindowsServer設定情報 】
 ・ コンピュータ 
 ・ ユーザー名 
 ・ 初期パスワード

この情報を使いますので、見れるようにしておいてください。

 

次に「リモート接続」のためのアプリを起動します。

Windows7の場合

①画面左下にあるヤフオク 自動入札 windows7①マークをクリック。

②左下に検索窓が表示されます。
ヤフオク 自動入札 windows7

③「リモート」と入力すると、
ヤフオク 自動入札 windows7③

④「リモートデスクトップ接続」がリストに表示されるので、こちらをクリック。
ヤフオク 自動入札 windows7④

これで「リモートデスクトップ接続」アプリが表示されます。

 

Windows8の場合

①画面左下にあるヤフオク 自動入札のための常時起動マークをクリック。

②右上の検索ボタンをクリック
ヤフオク 自動 入札 ABLNET

③検索画面が表示される。
ヤフオク 自動 入札 ABLNET windows8

③「リモート」と入力すると、「リモートデスクトップ接続」と自動で表示されるので、こちらをクリック。
ヤフオク 自動 入札 windows8

これで「リモートデスクトップ接続」アプリが表示されます。

 

 

Windows10の場合

①左下の「Cortana(コルタナ)」に「リモートデスクトップ接続」と入力

 

Macの場合

「Microsoft Remote Desktop」を使います。

microsoft remote desktop

インストールされてなければこちらからダウンロードします。

Mac App Storeからダウンロード(無料)

 

リモートデスクトップ接続でABLNETに接続(Windowsの場合)

(1)リモートデスクトップ接続を起動します。

ABLNETに接続してヤフオクに自動入札

 

(2)メールで送られてきた【WindowsServer設定情報】にあるコンピュータのIPアドレスを入力

リモートデスクトップ接続 コンピュータ

 

(3)ユーザ名に「Administrator」、初期パスワードにメールに記載されているパスワードを入力して、「OK」をクリック。

リモートデスクトップ接続 コンピュータ

 

(4)このようなポップアップが表示されますが、「OK」をクリック。

リモートデスクトップ接続 コンピュータ2

 

(5)これでリモートのWindows環境に接続されます。

リモートデスクトップ接続 コンピュータ ビッドマシーンを常時起動

 

リモートデスクトップ接続でABLNETに接続(Macの場合)

(1)「Microsoft Remote Desktop」を起動します。

microsoft remote desktop

 

(2)初めて接続する場合は、「New」ボタンで初期設定を行います。

MACでのABLNET リモート接続 初期設定

 

(3)メールで送られてきた「WindowsServer設定情報」をそれぞれ入力します。

MACでのABLNET リモート接続

 

(4)上の(3)で作成した名前が表示されるので選択して、左上の「Start」をクリック。

MACでのABLNET リモート接続 ヤフオク 自動入札

 

(5)「Continue」をクリック。

MACでのABLNET リモート接続 証明書を検証

 

(6)これでMacからWindowsに接続が完了しました。

MACでのABLNET接続6

 

24時間監視体制の完成

ここまで完了したら、24時間常時監視し続けてくれる環境が手に入りました。

あとは、ここにBidMachine(ビッドマシーン)を起動すれば、

ヤフオクでの自動入札システムと、無制限のアラートシステムの完成です。

 

次は、BidMachine(ビッドマシーン)をインストールして設定を行います。

こちらでBidMachine(ビッドマシーン)をダウンロードしておきましょう。

→ BidMachineをダウンロード

 

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration