スポンサーリンク

iPhoneを紛失してしまったときに追跡する方法と、すぐにやるべきこと

スポンサーリンク

iPhoneユーザーにおすすめ!

iPhoneを紛失してしまったときには、すぐに見つけられるAppleのサービスがあります。

 

<必要なもの>

iPhoneで使っているApple IDとパスワード

 

自分のPCか、誰か他の人からPCやスマホを借りて、

iCloudのサイト https://www.icloud.com/ に行って、

ご自分のApple IDとパスワードを入力してログインします。

(他人のPCの場合、「サインインしたままにする」にはチェックを入れないように!)

 

iPhone 紛失 iCloudで探す

 

そして、iPhoneを探すをクリック。

iPhoneを追跡するには「iPhoneを探す」機能で

 

もしくは、iCloudのサイトに行って、URLの後ろに「#find」を付けるだけでもOKです。

https://www.icloud.com/#find

 

 

実行すると、こういう風に地図で紛失したiPhoneの場所を教えてくれます。

iphone 紛失場所を地図で表示

 

iPhoneにロックをかけたい

 

で、すぐに取りにいければいいですが、遠くだったりすぐに取りにいけない場合は、

誰かに見られたり不正操作されないようにiPhoneをロックすることができます。

 

やり方は、先ほどの地図の画面の上部の「すべてのデバイス」から、

(1)「iPhone」など目的のデバイスを選択します。

iphoneをロックして使えないように

(2)すると、次のような画面が現れるので、

iphoneを紛失モードに

 

(3)紛失モードをクリックすると、このようになります。(この時点ではまだロックされていません)

紛失したiphoneに電話番号が表示される

 

この「番号」のところに、家族や友人等、紛失したiPhoneを見つけた人に連絡して欲しい番号を入力します。

そして、右上の「次へ」をクリック。

 

(4)すると、このように見つけた人に表示したいメッセージを入力できます。

紛失したiPhoneにメッセージを入力

 

(5)右上の「完了」をクリックすると、このようにな画面になります。

iPhone紛失モード

 

このときiphone側では、ロックがされて、パスコードを入力しないとiPhoneは使えない状態になります。

 

そして、

「このiPhoneは持ち主が紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。」

「XXX-XXXX-XXXX(電話番号)」

という風に表示されて、

見つけた方は連絡をしてくれるかもしれません。

 

もし、「電話はかけてもらわなくていいので、ロックだけしたい。」

という場合は、(3)の電話番号を入力するところで、番号は入力しなければロックだけすることが可能です。

 

ちなみに、先ほどの(5)の画面で表示されるメッセージはリアルタイムで変更できます。

「紛失モード」ボタンをクリックすると、このような画面になりますので、

 

iPhoneの紛失モードを解除

連絡して欲しい電話番号を変えたり、

メッセージを変更したい場合はいつでも変更できます。

変更したら、右上の「完了」をクリックすれば、その都度iPhone側ではメッセージや番号も変更されます。

 

電池の残量も表示されてたり、ホント便利な機能ですね。

 

やったことないですが、iPhoneが移動している場合は追跡してメールで逐一教えてくれるみたいですね。

iPhoneをバスや電車などに忘れてしまったときなどは助かりますね。

 

 

無事iPhoneを見つけたら

無事、紛失したiPhoneを回収したら、

iPhone側でパスコードを入力してロック画面を解除すれば紛失モードが解除されます。

Appleさん、さすがです!

 

今回はiPhoneで説明しましたが、iPadやMacブックなど他のアップル製品のデバイスも、

Apple IDでひも付けされていれば同じです。

 

Apple IDとパスワードって以外と買ったときにしか触らないので、意外と覚えていないものですよね。

紛失したときにはこのように大活躍してくれるので、できればいつでも思い出せるようにしておいた方がいいですね。

 

悪用しないように(悪用されないように)

で、この機能を使えば、他人の居場所も分かってしまいます。

 

子供にiPhoneを持たせている場合は、

Apple IDとパスワードは親が管理するようにしたらいいかもしれません。

 

「iPhoneを探す」機能を使えば、子供のiPhoneを追跡していつでも居場所を把握することができますし、

子供がiPhoneやiPadばかりに熱中しているときは、紛失モードを応用してiPhoneをロックすることができたりします。

 

くれぐれも、奥さんや旦那さんにApple ID とパスワードを握られないようにしましょう。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration