スポンサーリンク

Office 365を購入した3つの理由

スポンサーリンク

Office 365にサインインしました!

Office onlineは無料なのに凄い便利なんでずっと使っていたのですが、

Office Onlineが無料なのに便利すぎる件

今回いろいろ理由があって、有料版のOffice 365を購入してみました。

 

Office 365を購入した理由その①

これまでDropboxなどのオンラインストレージをいろいろ試してきましたが、

Onedriveの方が15Gと容量が他のストレージサービスより大きかったので

こちらをメインに使っていました。

 

ところがMicrosoftはこのOnedriveの容量を縮小するという方針を発表しました。

無料プランだと5Gまで制限されるようです。

 

他のストレージサービスを探してもいいんだけど、

仕事で使っていてOnedriveにも慣れて気に入っているので、

できればこちらを使い続けたいなと思っていました。

 

一方で、

iPhoneで子供の写真や動画を撮ってるとすぐに容量が多くなってきて、

いちいちPCに繋いで外付けHDに移し直したりしていました。

 

いちいちPCに繋いでコピーするのもすごく時間がかかるし、

iCloudの有料プランでオンラインで同期しようかなと考えていたところでした。

 

iCloudの料金プランは

50 GB:¥130
200 GB:¥400
1 TB:¥1300

Office 365なら一番安いプラン540円で1TB(1,000GB)利用できるということで、

iCloudよりも価格的にもお得だし、iPhoneとも同期がとれるようなんで一石二鳥でした。

 

Office 365を購入した理由その②

Onedriveの容量アップだけが理由だったら、一番やすい540円のプランで良かったんです。

実は他にも理由があって、もっと高いOffice 365のプランにしました。

 

Office 365のプランはいくつもあるので、最初は戸惑うと思います^^;

Office 365 個人向け

Office 365 有料プラン

 

私が選んだんだのはOffice 365のProPlusのバージョンです。

→ Office 365 ProPlus

 

まず、ProPlusに限らず、上位版のOffice 365には、

エクセルやワードなどのOffice製品が使えるプランがいくつかあり、

最新のOffice 2016を使いたかったというのが2つ目の理由です。

 

というのも、

職業がら自身でもExcelやWord、PowerPointなどのOffice製品はよく使いますが、

仕事相手であるお客様も中小企業が多いのでお客様がOffice製品を使うことが多く

教える立場になったときに最新のバージョンのOfficeにも精通しておきたいという面があります。

 

最新のOffice製品を普通にパッケージ版として購入すれば、

Word、Excel、Outlookが入った一番安いPersonalでもこの値段

 

Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessが入ったProffessionalだと、

結構な金額を出さないと購入できません。

 

しかし、Office 365 Businessを選択すると、

月額900円(年契約)でWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisherが使えちゃうんです。

しかも、最大5台のPCやスマホ、タブレットにインストール可能。

 

私の場合、Accessも使うので、ProPlusなら利用できるということで、

1,310円/月かかりますがこちらを選択しました。

 

ところで、

月額1000円とすると1年間使うと12,000円。

Office ProPlusだと年間17,000円。

3年使うとすると、51,000円で、パッケージ版のProffesional版と並びます。

これをを安いと見るか、高いと見るか人それぞれですね。

 

パッケージ版はパッケージ1個購入して2台までしかインストール出来ません。

Office 365は1ユーザー5台のインストールが可能です。

 

自宅のPCやMac、職場のPC、iPhone、iPad、Androidと複数台にインストールしたいのであれば、

Office 365は十分ペイすると思います。

しかも、新バージョンがリリースされたらすぐにアップグレード可能です。

常に最新のバージョン使えるっていうのが私には魅力的でした。

 

Office 365を購入した理由その③

こちらの本を読んでみて興味が湧いたというのが3つめの理由です。

 

ビッグデータなんて大企業にしか縁がないと思っていましたが、ここへ来て使い慣れたExcelでも利用できるようになりました。

Power BI for Office 365という機能を使えばそれが可能ということです。

 

Twitter、Facebookといったソーシャルネットワークなどの膨大なデータをExcelに取り込んで分析!

なんかワクワクしますね!

 

実際、中小企業のような現場でどれだけ使いみちがあるかわかりませんが、

これから勉強してみたい分野です。

 

 

そんなわけで、企業みたいな大人数でなくても、

Office 365は個人利用でも十分価値があるなと感じました。

 

Office 365サインイン後の画面はまだ何がなんだか分かりませんが、

しばらく使ってみての感想はまたレポートしようと思います。

→ Office 365 ProPlus


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration