スポンサーリンク

Office Onlineが無料なのに便利すぎる件

スポンサーリンク

office 365はマイクロソフトが展開しているクラウドベースのサービスで、

ほとんどのパソコンにインストールされているExcelやWord、Powerpointなどといった、

おなじみのOffice製品がクラウド上で利用できるものです。

 

Office365は有料のサービスなのですが、まずは無料で利用できるサービスがあります。

Office365とごっちゃになっている人も多いみたいなのですが、

Office onlineというOffice365の簡易版みたいな無料サービスがあるのをご存知ですか?

 

Office onlineというだけあったパソコンにダウンロードして使うものではなく、

オンライン上で利用するクラウドサービスです。

 

とにかく無料でもExcelやWordなどのメインのOffice製品のソフトは十分に使えます。

クラウド上でブラウザで動くのでもちろんMacでもエクセルやワードが無料で使えるわけで、

しかもiPhoneやiPad上でも普通にExcelやWordなどがしれっと使えるから凄い!

 

これまでは専用の有料アプリをインストールしてExcelを動かしていた方もいるのではないでしょうか。

今やネット環境にさえあれば本家のExcelやWordが無料で使える時代になりました!

 

しかもOnedriveという無料のストレージサービス(クラウド上のハードディスクのようなもの)も利用できます。

あと、メールや予定表などといった便利な機能が最初から付いています。

 

私の周りはほとんどの人がまだ知らなくて、

「え!これが全部無料で使えるの?」

って大抵衝撃を受けますね。

 

Office onlineにログインするには、まずはアカウントの登録が必要です。

まだアカウントを取っていない方は、無料なのですぐにでも取っておくといいですよ。

 

「~@outlook.jp」というドメインのメールアドレスも取得できるので、

自分に合ったメルアドを今のうちに取っておきましょう。早い者勝ちです!

 

初めにMicrosoftのアカウントを作ります。

Office onlineにサインイン

 

 

まずは、お手持ちのメールアドレスと、

パスワードを決めて入力しましょう。

(メルアドのパスワードでなくて、このサービス用のパスワード)

Office 365 サインイン

 

メールアドレスから取得したい場合はこちらから。

Office onlineにサインイン

 

次へをクリックするとすぐに利用できます。

 

左上にあるoffice onlineをクリックすると、使用できるアプリが表示されます。

無料で使用できるオフィス

ExcelやWord、PowerPointも利用できますし、共有もしやすく設計されています。

iPhoneでExcelのアプリをインストールすれば、iPhone上でExcelの直接編集も可能です。

しかし、マクロは使用できないようです。

 

Onedriveはオンライン上にデータを保存できるストレージサービスです。

無料でも容量は15G保存可能ですが、近々5Gしか保存できないようになります。

 

他にもいろいろ利用できるアプリが付いているOffice onlineですが、

特にこの中でも気になっているのが「Sway」。

 

まだ使ったことないのですが、

以前とあるセミナーでめっちゃかっこいいプレゼンを見たことがあって、

「洒落てるな~Macで作ってんだろうな~」ぐらいに思っていたのですが、

今思えば、Swayで作ったものっぽいです。

 

こんな感じで作れます。

 

「~する方法」みたいな、動画を多く使って説明したい場合は

PowerPointより使い勝手が良さそうです。

 

 

ちょっとSway研究してみたいと思います。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration