スポンサーリンク

無料のPDF編集ソフトを本気で探した結果、やっと使えるやつみつけた!

スポンサーリンク

なんとかPDF編集を無料でやりたいということで、もう少し踏み込んで調査してみました。

 

国内ではなかなか見つからなかったので、今回は海外サイトでも探してみたところ、

こちらのソフトは既存の文字の編集までできたので、ご紹介しておきます。

Infix PDF Editor

 

「ワードを使うようにPDF編集ができる」というのがウリのようです。

 

確かにどのパソコンにも入っているフォントでノーマルな文字だったら編集できましたので、おススメできると思いましたのでレビューしようと思います。

 

 

例として、こちらのようなPDFファイルを編集しようとする場合でやってみましょう。

 

例えば、1ページの「インターネットの仕組み」を「インターネットの仕組みとは?」に変えたいとします。

pdf編集

 

編集したい箇所にカーソルを持っていき、文字を入力しようとしても何も入力されない状態です。

この時点で、「やっぱ使えんこのソフト」ってあきらめたいところでしたが、

もうちょっと調べてみると原因がわかりました!

フォントが「lr oSVbN」になっているのが原因でした^^;

pdf編集

「lr oSVbN」というのは「MS PGothic」が文字化けしている状態らしいです。

海外ソフトなのでその辺はしょうがないですね。

「MS PGothic」を選べば編集できました。

pdf編集

 

このように、文字は入力できました。

pdf編集

 

文字のデザインが必要な場合

しかし、「とは」以外のデザインが他は太字になっていて、「とは」がちょっと細字になっています。

今度は文字のデザインを変更する必要があります。

(文字がデザインされておらず、この作業をする必要がない場合もあります。)

こちらを見てください。

 

「とは」より一文字前にカーソルがある状態

pdf編集

「とは」にカーソルがある状態

pdf編集

 

この部分を変更する必要があります。

まず、「とは」以外の場所と、「とは」の場所での違いはこうです。

pdf編集

pdf編集

 

Greyscaleの設定が若干異なっているようです。

では、「とは」をカーソルで選択した状態で、再度Colourボタンをクリック。

 

この□の部分をクリックします。

pdf編集

 

■の部分を押します。

pdf編集

 

すると図のようになりますので、OKをクリック。

pdf編集

 

このように自然な感じに出来上がりました。

pdf編集

 

このように文字がデザインされている場合は、文字の編集が必要です。

 

 

独自のフォントが使われている場合

また、編集しようとしているPDFファイルが、独自のフォントを使ってデザインされているような場合は、その独自のフォントを別途用意する必要があります。

ちょこっとその辺を以下で説明していきます。

 

例えば、こちらのPDFファイルを編集しようという場合、

私のPCにはインストールされていない「KozMinPro-Regular」というフォントが必要でした。

検索してみるとこれは無料で配布されているようでダウンロードして自分のPCにフォント登録できました。

 

他にもフォントが必要な場合は、別途用意する必要があります。

こちらのサイトでフォントがまとめられています。

和文フォントPS name

フォントを自分で手に入れてフォント登録すればPDF編集が可能になります。

 

上記のフォントは例えばこちらのサイトで入手できました。

フォントのダウンロード

 

フォントを入手したらフォントを使えるように登録をします。

やり方は簡単で、ダウンロードしたフォントファイル(拡張子がotf)を、

コントロールパネル→フォント

の中に入れるだけです。

 

どうでしょうか。メニューが英語なので少し使いにくいですが、

無料のPDF編集ソフトで、既存の文字編集ができるのはこのソフトがお勧めですね。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration