eBayとAmazonの違いって?個人輸出をするならどっちをやるべきか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

個人輸出をしたいと思っている人が最近増えています。

よく私のところにも

「eBayとAmazonどっちがいいですか?」

という質問が来ます。

 

その人の性格にもよると思いますが、私の感覚では、

  • eBayは人と向き合ってコミュニケーションを楽しみながら販売したい。
  • Amazonはシステマチックに仕組化して販売したい。

という違いがあるかな?と考えています。

 

私の場合はというと、どちらかというと

直接取引で外国の方とのコミュニケーションをする中で、

相手の欲しいものを探してあげて

見つけてあげると喜んでもらったりすることが好きなので、

eBayの方に比重が大きくなってます。

 

まあ、eBayとAmazonどっちがやりやすいかは、

向いているかというのはホント人それぞれだと思います。

 

じゃあ、どちらをやるべきか?っていう判断するためには、

まずどっちもやってみるっていうのがいいんじゃないかと思います。

 

正直やってみないとどっちが面白いか、自分に向いているかはわからないと思います。

 

ただ、どちらをやるにしても準備作業って結構手間がかかりますからね。

eBay用とAmazon用にどちらもマニュアルが必要です。

 

じゃあ2種類のマニュアルを買わないといけないのか?

ってなると思いますが、

こちらの教材ですと、2つ同時に効率よく始められます。

→ Export Gate

 

動画で手取り足取り説明してくれるので、 初期登録や準備作業で詰まることはまずないです。

 

しかも価格が3,000円ちょっとというありえない価格なのは他にはないですね。

 

まあ、巷の本屋さんに行けば、eBay輸出やAmazon輸出の書籍は売られています。

どちらも1,500円程度なんで、両方の本を買えばいいんじゃないか? って気もします。

 

しかし、この教材ではeBayとAmazonを別々に学ぶわけではなく、 eBayとAmazonを掛け合わせて相乗効果を狙っています。

単純にeBay + Amazonではなく、eBay × Amazonなんで、

同じ労力で結果はかなり違ってくることになります。

これは後々大きい差となってきますね。

 

しかも本屋にはない、返金保証も付いてるし。

もし自分に合わなければ返金してもらいましょう。

 

とりあえず、

eBay輸出とAmazon輸出で どっちがいいのか迷っている人、

どちらも始めて見たい人、

には、これが一番コストも労力も最小限で始められるので、

文句なしでおススメできますね。

→ Export Gate

 

 

当ブログから購入していただいた方には、

私の方から実戦ですぐに役立つ独自の特典をお付けします。

 

こちらの記事で直接メールを送って取引する方法を紹介しています。

eBayで売れるものは赤字でもいいんです!

 

この直接取引のメールの英文ですが、

かなり高確率で取引が成立する直接取引のメールテンプレートです。

 

こちらを特典としてお付けします。

→ Export Gate

 

実は「直接メールの英文を教えてください」という問い合わせが多かったんですね。

自分で言うのもなんですが、

この英文って結構頑張って、何度もトライ&エラーを繰り返しながら練り上げた英文で、

今ではきちんと結果を生み出してくれている英文に仕上がりました。

 

どうせ教えるなら本気で取り組んでくれる方に教えたいと思っています。

こちらの教材を購入された方なら実践してくれると思いますので、

特典として付けさせてもらうことにしました。

 

直接取引をしてみたいという方は、

ぜひ活用していただければと思います。

→ Export Gate

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. Amazonの価格を日米で一括比較するツール

  2. Amazonセラー必見!一括リサーチツールで利益が出る商品をまとめて抽…

  3. Yahoo!かんたん決済の手数料の無料化は海外販売者には朗報か?

  4. Amazonで価格比較からはじめる個人貿易

  5. もう仕入に失敗したくない!Amazon FBA手数料、重量、サイズを自…

  6. ExcelでAmazon価格を一括で取得するツールを作ってみました

  7. 英語がド下手でも直接取引では気持ちは伝わります

  8. なぜAmazonではなくてeBayなのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事