スポンサーリンク

モバイルWiFiルーターの失敗しない選び方(僕みたいにならないでね)

スポンサーリンク

最近まで私は外出時にネットにつなぎたいときは、ドコモのiPhoneでテザリングを使ってきました。

テザリングで節約もできて仕事力もアップ

 

しかし最近子供の成長とともに写真や動画を取る機会が増え、

実家のじいじやばあばに送信する量も多くなってきたわけです。

 

それもあって、通信量のMAXを超えてしまって低速モードになってしまうことが多々ありました。

 

仕事中の外出時でもモバイルでネットに接続するので「低速モードでは仕事にならん!」

というわけで、困っていました。

 

そこで通信料を気にしなくて済むように、モバイルのWiFiルーターを探したところ、

機能・料金的にUQ WiMax(ワイ マックス)のギガ放題がちょうどよかったです。

月額数千円かかりますが、これまでの通信量を気にするストレスから解放されるならまあいっかと。

【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。

 

WiMaxデビューしました

で、届きました。

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-wifi%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

 

結論からいいますと、

 

「わー、失敗したかも、、、」

 

というのが、家の中での電波がコレ。

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-wifi%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-wimax-%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e6%82%aa%e3%81%84

棒4本に見えますがMAXじゃないですよ、ゼロです。

 

たまにいい時でも1本。

 

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-wifi%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-wimax

 

まあ、自宅には別でWifiが設置してあるから別にかまわないのですが、

他の場所でもサービスエリア内なのに屋内に入ると電波の入りがすごい悪い場所があるんです。

すべてではないのですが、、、

 

どうやらWiMax(ワイ マックス)の電波って高周波数なので高速ではあるのですが、

その分電波は弱いのだそうです。

 

そのためWiMAX(ワイ マックス)は屋内では電波が入りにくいことがあるとのこと。

 

幸い私がよく使用する場所では電波が入ってくるところが多いのですが、

たまに入りにくい場所があり、そのときだけ仕方なくiPhoneのテザリングを使ってます。

 

失敗しないモバイルWiFiルーターの選び方

同じようにモバイル用のWiFiルーターを探しているなら、

電波が入るかどうか見極めてから契約した方がいいですよ。

 

こちらのサービスだと数日間だけレンタルすることができるので、契約してしまってから電波が届かなくて後悔することは避けられます。

→ モバイルwifiルータ(wimax/イー・モバイル)

 

まずは数日間だけ借りてみて自分の行動範囲でモバイルwifiルータが使えるかどうか試してみることをおすすめします。

 

私はこのサービスを知らなくていきなり契約してしまいました。

UQ WiMaxだと、途中で解約すると20,000円近くも契約解除料がかかってしまいます。

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-wifi-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf-%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

 

 

これだけの違約金がかかってしまうなら解約もしずらいですね。

私もしばらくは使い続けようと思います。

でも、つながらない場所があるって知ってたら契約しなかったなぁ~。

 

モバイルwifiルータを選ぶときって、まずエリアは確認しますよね。

で、あとはどこの会社の商品を選ぶかですが、どうしても料金とか特典とかで選んでしまいがちです。

せっかくお得に購入しても、そもそも電波の状態が自分の環境に合っていなかったとなるとすべてが無駄になってしまいます。

 

こうならないためにも、契約前にまずはつなぎたい場所で電波が入ることを確認しましょう。

→ モバイルwifiルータ(wimax/イー・モバイル)

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration