Excelエラー!「○○の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?~」修復しても解決しない場合【メモ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昨日まで開いていたのに、なぜか

「’○○.xlsx’の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?ブックの発行元が信頼できる場合は、[はい]をクリックしてください。 」

 

と表示されて、Excelファイルが開けなくなってしまうことがあります。

ネットで調べても、「新規Excelファイルから開いて修復」

1.開く→参照

2.開いて修復する

3.「修復」か「データの抽出」のいずれかで修復できる

という情報もありました。

今回はこれでもダメ!!だった場合の対処法です。

 

結論を書くと、

1.OpenOffice(https://www.openoffice.org/ja/)をインストール

2.OpenOffice Calcを起動

2.ファイル→開く から該当ファイルを開く

私の場合これで、一応ファイルは開けました。

 

3.ファイル名を別名にして保存

その後名前を別名にして保存します。

4.再度Excelファイルを開く

その後、該当ファイルを通常通り開いてみます。

 

これだけです。

私の場合、とりあえずこれで開くことができました。

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. iPhoneを紛失してしまったときに追跡する方法と、すぐにやるべきこと…

  2. 業務効率化に取り組む前やるべき2つのこと

  3. エクセル初心者が練習するときのツボはココ!

  4. if関数で複数の条件を簡単に組み立てる方法

  5. Excelの2003でマクロが動かない場合の対処法

  6. エクセルのif関数の組み立て方に慣れよう

  7. 複雑なエクセル関数の引数には場外を利用する ~その2【定石パターンで覚…

  8. エクセル初心者が関数をパレートの法則(80:20の法則)で覚える方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事