iPhoneを紛失してしまったときに追跡する方法と、すぐにやるべきこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhoneユーザーにおすすめ!

iPhoneを紛失してしまったときには、すぐに見つけられるAppleのサービスがあります。

 

<必要なもの>

iPhoneで使っているApple IDとパスワード

 

自分のPCか、誰か他の人からPCやスマホを借りて、

iCloudのサイト https://www.icloud.com/ に行って、

ご自分のApple IDとパスワードを入力してログインします。

(他人のPCの場合、「サインインしたままにする」にはチェックを入れないように!)

 

iPhone 紛失 iCloudで探す

 

そして、iPhoneを探すをクリック。

iPhoneを追跡するには「iPhoneを探す」機能で

 

もしくは、iCloudのサイトに行って、URLの後ろに「#find」を付けるだけでもOKです。

https://www.icloud.com/#find

 

 

実行すると、こういう風に地図で紛失したiPhoneの場所を教えてくれます。

iphone 紛失場所を地図で表示

 

iPhoneにロックをかけたい

 

で、すぐに取りにいければいいですが、遠くだったりすぐに取りにいけない場合は、

誰かに見られたり不正操作されないようにiPhoneをロックすることができます。

 

やり方は、先ほどの地図の画面の上部の「すべてのデバイス」から、

(1)「iPhone」など目的のデバイスを選択します。

iphoneをロックして使えないように

(2)すると、次のような画面が現れるので、

iphoneを紛失モードに

 

(3)紛失モードをクリックすると、このようになります。(この時点ではまだロックされていません)

紛失したiphoneに電話番号が表示される

 

この「番号」のところに、家族や友人等、紛失したiPhoneを見つけた人に連絡して欲しい番号を入力します。

そして、右上の「次へ」をクリック。

 

(4)すると、このように見つけた人に表示したいメッセージを入力できます。

紛失したiPhoneにメッセージを入力

 

(5)右上の「完了」をクリックすると、このようにな画面になります。

iPhone紛失モード

 

このときiphone側では、ロックがされて、パスコードを入力しないとiPhoneは使えない状態になります。

 

そして、

「このiPhoneは持ち主が紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。」

「XXX-XXXX-XXXX(電話番号)」

という風に表示されて、

見つけた方は連絡をしてくれるかもしれません。

 

もし、「電話はかけてもらわなくていいので、ロックだけしたい。」

という場合は、(3)の電話番号を入力するところで、番号は入力しなければロックだけすることが可能です。

 

ちなみに、先ほどの(5)の画面で表示されるメッセージはリアルタイムで変更できます。

「紛失モード」ボタンをクリックすると、このような画面になりますので、

 

iPhoneの紛失モードを解除

連絡して欲しい電話番号を変えたり、

メッセージを変更したい場合はいつでも変更できます。

変更したら、右上の「完了」をクリックすれば、その都度iPhone側ではメッセージや番号も変更されます。

 

電池の残量も表示されてたり、ホント便利な機能ですね。

 

やったことないですが、iPhoneが移動している場合は追跡してメールで逐一教えてくれるみたいですね。

iPhoneをバスや電車などに忘れてしまったときなどは助かりますね。

 

 

無事iPhoneを見つけたら

無事、紛失したiPhoneを回収したら、

iPhone側でパスコードを入力してロック画面を解除すれば紛失モードが解除されます。

Appleさん、さすがです!

 

今回はiPhoneで説明しましたが、iPadやMacブックなど他のアップル製品のデバイスも、

Apple IDでひも付けされていれば同じです。

 

Apple IDとパスワードって以外と買ったときにしか触らないので、意外と覚えていないものですよね。

紛失したときにはこのように大活躍してくれるので、できればいつでも思い出せるようにしておいた方がいいですね。

 

悪用しないように(悪用されないように)

で、この機能を使えば、他人の居場所も分かってしまいます。

 

子供にiPhoneを持たせている場合は、

Apple IDとパスワードは親が管理するようにしたらいいかもしれません。

 

「iPhoneを探す」機能を使えば、子供のiPhoneを追跡していつでも居場所を把握することができますし、

子供がiPhoneやiPadばかりに熱中しているときは、紛失モードを応用してiPhoneをロックすることができたりします。

 

くれぐれも、奥さんや旦那さんにApple ID とパスワードを握られないようにしましょう。

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. Windows 10 アップデートで不具合、ネットワークが繋がらなくな…

  2. YoutubeをiPhoneで倍速再生するためのアプリ

  3. テザリングで節約もできて仕事力もアップ

  4. エクセルでパスワードを忘れてしまった時

  5. Excelの2003でマクロが動かない場合の対処法

  6. Androidの文字入力で一文字目が勝手に確定される

  7. Excelのアドインを削除する方法

  8. パソコンでクリーンアップしたら容量が増えた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事