Google先生から『「404」ページの増加しとるぞ』というメールが

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ある日メールで、

https://akindow.com/ での「404」ページの増加

という件名でメールが届きました。

404(見つかりません)エラーを返す URL の数が著しく増加したことが
Googlebot で検出されました。

何故かブログのインデックスされている記事やタグのURLが
すべて404でエラーになっている模様。

確かに急激にエラーの数が増えています。

「404」ページの増加

どうみてもただ事じゃない感じです。

リンクの一つをクリックしても確かにエラーで返ってきます。
どうやら、何らかの原因で階層がおかしくなってしまったようです。

 

記事ページはもちろん、
タグページもインデックスされているものとは違うものとなっていました。

当ブログはタグページからもアクセスいただいているので、
このエラーは早急に対策する必要がありました。

 

思い当たるふしはいくつかありました。

1.先日、サブドメインでサイトをもう一個作ろうと思い立ち、
いろいろWordpressをいじっていました。

2.Wordpressのバージョンを上げた

どちらが原因かわかりませんが、
下記の設定がいつのまにか変更されていたのが
今回のエラーの原因でした。

 

パーマリンク設定が変更されてた

WordPressの「一般→パーマリンク設定」で、

【投稿名】 
http://サイトURL/%postname%/

となるように、設定していたものが、いつのまにか、

【日付と投稿名】
  http://サイトURL/20xx/xx/xx/sample-post/

に変更されていました。

 

ですので、これを再度【投稿名】形式に変更したら、
エラーとされていたURLからもリンクが帰ってきました。

 

エラー対処後の再インデックス

エラーは対処できたんですが、

結果として、こうした URL は Google 検索結果には表示されなくなります。該当する URL が完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。

ってことなんで、そのままにしておくと圏外に飛んじゃうってこと?
いやいや、それはちょっとってことで、

エラーとなる URL を修正したら、Googlebot が URL に適切にアクセスして認識できるようにするか、URL が適正なエラー結果コードを返すようにします。この手順には Fetch as Google を使用します。

ということなので、
クロールエラーとなっていたURLを「Fetch as Google」する必要があるようです。

しかし、サイト内の記事、タグ、カテゴリすべてエラー返しちゃってるんで、
エラーの数が結構な数になっちゃって、
一個一個インデックス送信する手間ったらハンパないんですが、、、

めんどくさいけど、
やらないとインデックスから削除されるって書いてあるし。

なんとか、ほかに方法あるのかな?
ってことで、サイトマップを送る方法でできないかやってみました。

Fetch as Googleで、サイトマップのURLを指定して、
「このURLと直接リンクをクロールする」
で送信しました。

サイトマップの送信

 

あと、Google Search Consoleのクロール→サイトマップで、
できたサイトマップを追加

もやっておきました。

 

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. 新型プリウスは本当に得か?燃費のいい新車と燃費の悪い中古車、どっちが得…

  2. 仕事の効率化 システム

    仕事の効率化に貢献するシステム

  3. Amazonセラーのための出品・リサーチツールまとめ

  4. ホームページを格安サービスで作るなら絶対やっておくべきこと

  5. Excel初心者が関数より先に覚えるべきこと(コピー編)

  6. ExcelをPDFに変換する方法【無料】

  7. PDFをWord(ワード)に変換する方法(無料)

  8. 利益を取るか現金を取るか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事