Amazonツールを使うなら知っておきたいPAAPIでできてMWSでできないこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私がこれまで公開してきたAmazonツールはAmazonアソシエイトのアカウントを使用します。

このアカウントがあると、Product Advertising API (PA-API)というものが使えて、Amazonからいろいろな情報を引っ張ってこれるんですね。

 

ただこのアソシエイトアカウントの取得は無料とはいえ、やはり取得できるまで審査に通るのは簡単ではないようです。

特にブログを持っていない場合は一からブログを始めなければならず結構ハードルありますよね。

 

ただ一つでもブログを持っているとビジネス上とても有利になることが多いで、是非ともブログを作って頂いて、日記程度にブログを書いてみてほしいです。

 

ただ、抜け道ではないのですが、Amazonのセラーさんで大口契約を持っている方でしたら、Amazonマーケットプレイス Webサービス(MWS) というものが使用できます。

これもAmazonから価格情報などを引っ張ってこれるので場合によってはアソシエイトのアカウント取得は不要です。

つまり、価格情報(新品・中古の最安値)、ランキングなどの取得だけであればこれで事足りる場合があります。

 

ただPAAPIで取得はできるけど、MWSでは取得できないものがあります。

 

主なものですと、

・商品画像がPAAPIだと商品ページ内複数画像が取得できるが、MWSだとサムネイル画像だけ

・PAAPIだと商品説明(Feature部分)を取得できるが、MWSだとそれができない。

 

価格情報の取得やランキングの取得など数字だけの取得であればMWSでも可能ですが、

出品データ用にデータが欲しいといった場合ならPAAPIを使用したツールでないと欲しい情報は取得できません。

PAAPIはもともとはAmazonの商品をブログなどで紹介することが目的なので、いろいろな情報の取得できるのですが、

MWSは元々が出品作業を効率化するためのツールなので情報の取得自体はそこまで手厚くないようです。

 

ただ、アソシエイトアカウントの取得の相談が多く、MWSを持っている方にとってはそれでいいという場合もあるので、今回ツールのMWS版も提供できるようにしました。

上記のように画像や商品説明など取得できないデータもありますが、下記のような情報だけであればMWSでも取得できますので、その際はご相談ください。

・ASIN
・商品名
・カート価格
・新品最安値
・中古最安値
・コレクター最安値
・ランキング
・カテゴリ内ランキング
・著者
・出版社
・メーカー
・高さ(梱包)
・長さ(梱包)
・幅(梱包)
・重さ(梱包)
・商品グループ
・画像(サムネイル)

これですべてではないですが、リサーチ目的などでしたらこれぐらいかと思います。

 

MWSにできることとしては

・出品されているセラーごとにポイントを取得できる
・その出品者がカートを取る資格があるセラーかどうかが分かる

ポイントを加味して利益計算したい方は使えそうですね。

カートを取得できるかどうかの種別はライバル調査や値決めで使えどうですね。

 

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. 多国籍版に改良しました→日米Amazonの価格差を一括で取得するツール…

  2. 業務効率化に取り組む前やるべき2つのこと

  3. Amazon FBA(プライム)価格戦略ツールで利益が最大化する理由

  4. プロの依頼で開発したAmazonリサーチツールを公開

  5. エクセル2013が開かないんですけど、、、

  6. 複雑なエクセル関数の引数には場外を利用する ~その2【定石パターンで覚…

  7. 柔軟性最強のAmazon商品情報自動取得ツールで最速価格リサーチ!《A…

  8. YoutubeをiPhoneで倍速再生するためのアプリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事