スポンサーリンク

Google先生から『「404」ページの増加しとるぞ』というメールが

スポンサーリンク

ある日メールで、

http://akindow.com/ での「404」ページの増加

という件名でメールが届きました。

404(見つかりません)エラーを返す URL の数が著しく増加したことが
Googlebot で検出されました。

何故かブログのインデックスされている記事やタグのURLが
すべて404でエラーになっている模様。

確かに急激にエラーの数が増えています。

「404」ページの増加

どうみてもただ事じゃない感じです。

リンクの一つをクリックしても確かにエラーで返ってきます。
どうやら、何らかの原因で階層がおかしくなってしまったようです。

 

記事ページはもちろん、
タグページもインデックスされているものとは違うものとなっていました。

当ブログはタグページからもアクセスいただいているので、
このエラーは早急に対策する必要がありました。

 

思い当たるふしはいくつかありました。

1.先日、サブドメインでサイトをもう一個作ろうと思い立ち、
いろいろWordpressをいじっていました。

2.Wordpressのバージョンを上げた

どちらが原因かわかりませんが、
下記の設定がいつのまにか変更されていたのが
今回のエラーの原因でした。

 

パーマリンク設定が変更されてた

WordPressの「一般→パーマリンク設定」で、

【投稿名】 
http://サイトURL/%postname%/

となるように、設定していたものが、いつのまにか、

【日付と投稿名】
  http://サイトURL/20xx/xx/xx/sample-post/

に変更されていました。

 

ですので、これを再度【投稿名】形式に変更したら、
エラーとされていたURLからもリンクが帰ってきました。

 

エラー対処後の再インデックス

エラーは対処できたんですが、

結果として、こうした URL は Google 検索結果には表示されなくなります。該当する URL が完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。

ってことなんで、そのままにしておくと圏外に飛んじゃうってこと?
いやいや、それはちょっとってことで、

エラーとなる URL を修正したら、Googlebot が URL に適切にアクセスして認識できるようにするか、URL が適正なエラー結果コードを返すようにします。この手順には Fetch as Google を使用します。

ということなので、
クロールエラーとなっていたURLを「Fetch as Google」する必要があるようです。

しかし、サイト内の記事、タグ、カテゴリすべてエラー返しちゃってるんで、
エラーの数が結構な数になっちゃって、
一個一個インデックス送信する手間ったらハンパないんですが、、、

めんどくさいけど、
やらないとインデックスから削除されるって書いてあるし。

なんとか、ほかに方法あるのかな?
ってことで、サイトマップを送る方法でできないかやってみました。

Fetch as Googleで、サイトマップのURLを指定して、
「このURLと直接リンクをクロールする」
で送信しました。

サイトマップの送信

 

あと、Google Search Consoleのクロール→サイトマップで、
できたサイトマップを追加

もやっておきました。

 

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration