ホームページを格安サービスで作るなら絶対やっておくべきこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近よく経営者の方からホームページについて相談されます。

 

「仕事増やすためにホームページを作りたいんだけど、なるべくお金はかけたくないんだよね」

うーん、何ともわがままな。でもまあ気持ちはわかります。

「そりゃお金をかければいくらでもいいホームページができるのは分かってるけど、そんなお金はウチにはないよ!」

って会社が多いんだと思います。

 

しかし残念ながら、デザインから制作まですべてお任せで制作してくれるような場合だと、以前より価格は下がってきているとはいえ、最低でも10万円以上はかかるんじゃないでしょうか。

しかも月々の更新料・運営費用として数千円〜数万円は取られますからね。

で、結局ホームページからの効果はほとんどないと。

 

まあ、ホームページは営業マンみたいなものですから、全然見ず知らずの人間に営業をまかしているようなものです。

そりゃ売上げにはつながりません。

 

どうせホームページをやるならデザインなんてショボくていいから、会社のことを一番よく分かっているその会社の経営者、もしくは従業員が1から手がけるべきなんです。なかなかそんな意気込みがある会社は多くはありませんけどね。

 

しかしまれに「自分でブログも書いて更新もやるから教えて」っていう経営者の方もいらっしゃいます。

もしそんな「自分たちで制作も運営もする」という意気込みがあるなら、今は格安でホームページは作れます。

 

現状、格安ホームページ業界は良いものあまり良くないもの含めて乱立状態ですね。

というのが、最近いろいろな方面の方から「ホームページを安く作りたい」という相談をされるので、格安ホームページサービスについて結構調べたんです。

数多くのサービスがありますが、

  • 価格
  • デザインの質
  • テンプレートの数
  • 更新のしやすさ
  • 運営時の管理のしやすさ
  • 会社の信頼性、etc

など、いろいろな要素を総合的なバランスを見て「良い」と思えるサービスは限られています。

今回はそんな中からあきん道的にオススメのサービスを厳選して紹介します。

 

いくつか挙げようと思いましたが、使ってみて良かったなと思ったのは1つでした。

もう結論から言います。コレが一番オススメです。→ Wix

格安ホームページ

 

ホームページのテンプレートも無料で、デザインがかなり豊富です。

しかもあらゆる業種に対応できるような作りになっています。

無料プランでいいのですが、広告が表示されたり、容量が制限されていたり、URLも借り物になってしまうので、会社のホームページとして見たときに信頼性、イメージ上あまりおすすめしません。

有料プランでも価格も月額2,000円かからないレベルで、14日以内ならキャンセルして返金も可能です。

 

中でも何がオススメかというと、ブログの機能が付いているということと、それもかなり使いやすくて更新もしやすいという点ですね。

 

 

断言しますが、ぜったいブログはやるべきですよ!

ブログはただの日記だと思っている方も多いですが、

ブログからのアクセスは馬鹿になりません。

 

ネットで検索してくる方(見込み客)は会社のホームページのトップページにはいきなりアクセスしてきません。

ブログの記事の1つにひっかかるキーワードがあって、その1記事1記事にアクセスして来ます。

そこから会社の商品やサービスにいかにつなげられるかを考えます。

 

まあ会社のホームページのトップページにいきなりアクセスする人っていうのは、あなたの会社名で検索してくる人です。

誰かから紹介されたとか名刺をもらって「どんな会社かな?」って調べてくるような人です。

あなたの会社のことがすでに頭の中にある人ですね。

そういった人も大切なんですが、ネットの世界からするとほんの少数です。

 

ホームページで売上につなげるためには、「あなたの会社のことが頭の中にない人をいかに呼び込めるか」です。

見込み客となる検索ユーザーは、ある欲求を持っていたり、問題をかかえていたりしていて、検索してきます。

この段階では、あなたの会社のことはまず頭にありません。

 

私事ですが、実はウチは今ふすまの1つがズル向け状態です。

子供が小さいんでふすまをビリビリ破ってしまったんです。

(早く直したいなと思ってるんですがなかなかできていません。)

 

そんなときに私はネットでまず解決方法を探ります。

どうやって検索するかというと、

「ふるまの張り替え方」とかで検索しますね。

まず自分で張り直しをやってみようと考えると思います。

 

そうして、どこかのブログでふすまの張り替え方を丁寧に説明しているサイトが見つかるでしょう。

ホームセンターにいって材料をそろえれば直せるかもしれません。

 

でも私はそれを見て「なんか難しそうだし面倒くさいな」って思うかもしれません。

 

すると、解説記事のすぐに「ウチは○○円でできます」とか、

手間と時間を考えたらその金額が十分ペイするような説明書きがあったりしたら?

今はスマホで見る人も多いですから、その記事の下に「電話をかける」というボタンがあったら?

 

私はすぐに電話をかけますね。

このとき会社の名前なんて頭にありません。あとから「ふーん、○○ふすま店っていうのか」とかって思うぐらいです。

 

しかし気付いたかもしれませんが、

このサイトが運良くあなたのサイトだったらいいですが、たぶん県外のふすま店のサイトでしょう。

ふすま店は全国に数多く存在していますから。

 

しかし、たとえそうであっても、まだあなたはブログに「ふすまの張り替え方法」を書いているといいことがあるんです!

 

さっきの続きとして、県外の業者だったと分かった私は、次に「ふすまの張り替え ○○(地名)」で検索し直すと思います。

このときに検索上位にあなたのサイトが表示されていたらビンゴですよね?

 

でもほとんどのホームページは検索のトップに来ません。

わかる人にはわかると思いますが、検索上位に表示されるのは結構難易度があります。

業種によっては検索エンジン対策を業者に依頼してトップに持ってきている競合会社もあるでしょう。

 

しかしブログをやっているとその記事一つ一つが強力なSEO対策になってきます。

例えば先ほどの例でいうと、ブログ内で例えば「ふすまの張り替え」とか「ふすまの張り直し」などについて、下手な文章でも親切丁寧にブログの記事で書き連ねていれば、検索エンジン(Google)はあなたのサイトを「ふすまに関連するもの」としてサイトの評価をしてくれます。

すると、あなたの地域内でのあなたのホームページの評価は、他の何もしていない同業者のホームページと比べて相対的に評価が上がってきます。

そして、「ふすま張り替え ○○(あなたの地域)」と検索したときに、○○地域内ではあなたのホームページの評価が高ければ高い程、検索結果の上位に表示されます。

それはすなわち検索ユーザーがあなたのサイトに行き着く可能性が高くなることを意味します。

 

ふすま店の例で説明しましたが、他の業種でも流れは同じです。

あなたのお客様がどのようなキーワードであなたのホームページにたどり着くでしょうか。

そのキーワードに関連するネタでブログを書けないでしょうか。

 

そういった意味で、ブログをやればやる程、見込み客となるお客様が検索したときにあなたのホームページのブログのどれか1記事に引っかかってくれる確率が大きくなります。

言い方は悪いですが、ブログが網みたいなものですね。

 

あと、ブログは単純にやってて楽しいです。

ホームページを作るなら格安サービスでもいいので、ぜひブログとセットでやってください。

 

格安ホームページサービスの中で、一番デザインが良くて、価格も安くて、ブログの運営がしやすいです。

それが今回紹介した「Wix」です。

 

 

格安ホームページ

 

 

最初は無料でできるので、チャレンジしてみてください。

行けそうだと思ったら有料プランにした方がいいです。

無料プランだと、

  • URLが借り物のURLなので、見る人が見たら信頼できない。
  • 広告が表示されてそっちに流れる可能性がある。
  • 広告の内容は自分では決められないのでイメージを損なう広告が表示される恐れもある。

 

有料プランだと、これらはすべてクリアされます。

Wix側は、無制限プラン(ビジネス・企業サイト向け)をおすすめしていますが、

最初はアクセスも少ないでしょうから「コンボ(個人サイトに最適)」のプランで問題ありません。

 

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. 無料のクラウド会計ソフトRUCAROをサーバー代なしで稼働する方法(そ…

  2. 会社のブログが面白くなるネタの作り方

  3. Excel初心者が関数より先に覚えるべきこと(コピー編)

  4. 「Googleで勝手に購入されたんですけど!」 グーグルからの回答

  5. 勤怠管理システムで小さな会社が業務効率化する方法

  6. モバイルWiFiルーターの失敗しない選び方(僕みたいにならないでね)

  7. Google playで勝手に購入された!

  8. 仕事の効率化 システム

    仕事の効率化に貢献するシステム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事