Amazonで価格比較からはじめる個人貿易

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Amazonを使った個人輸入・個人輸出に興味を持つ方が増えてきました。

中でもAmazonで価格比較をしてその価格差を利用した転売をやりたいという方向けの初歩的な解説をしています。

 

Amazonには、実際にお店に販売されているものもあれば、インターネットでしか購入できないようなものもあります。

Amazonは、日本での利用はもちろん、海外でも広く利用されていて、Amazonだけでなく多くの販売店が出品することがあり、世界各国であらゆる商品の取引ができるようになっています。

そのAmazonを使って、輸入または輸出を行っている人もいて、それをもとに利益を出している人もいます。

Amazonでの輸入・輸出に利用できるような、価格を比較できるツールに関して様々な説明を行っていきます。

 

 先ほども説明したように、Amazonは日本だけでなく、アメリカなど世界各地で事業を展開しています。

ある商品を探す際に、多くの人は日本のAmazonのサイトから商品を探すことが多いと思います。

あるいは、Amazonと他のサイトと比較して探す人もいるでしょう。

 

仮にAmazonだけを利用したいと考えるなら、前者の方法がよく行われると考えられます。

ここで考えたいのは、日本のAmazonで売られているもので、アメリカなどの海外のAmazonでも売られているものがあるということです。

 

日本で売れている商品があったとしたら、今度はアメリカのサイトで同じ商品を探してみます。

そうすると日本より安い価格で販売されていれば、アメリカから購入した方が得することになります。

 

実際に購入したものを日本で売れば、購入時の価格よりも高く売れることが考えられます。

これは立派な輸入ですね。

 

また、アメリカの方が価格が高ければ、アメリカに向けて商品を販売することもでき、これは輸出につながります。

 

まさに個人貿易ですね。

インターネットのおかげで以前であれば商社や企業などでしかできなかったことが、一個人でもできるようになったわけですね。

 

 Amazonの数か国のサイトを比較して商品の価格を知る方法は、様々な価格比較ツールが公開されており、実際にそれを利用することで、どの商品のどの国のAmazonで販売されているものが価格差があるかがわかります。

実際に比較するときには、ツールを使って、キーワードの入力で複数のサイトで見つける横断検索、現地通貨で販売されているものをわかりやすく金額を表示できる通貨換算などを自動でできると比較しやすいです。

大量のデータから各国のAmazonで売られている同じ商品の価格を比較してみます。

商品によっては、送料だけでなく関税や配送会社の手数料がかかる場合があるので、輸入・輸出の際はこのあたりに注目することも大事です。

ヨーロッパから商品を購入する際は、付加価値税が減額されることがあり、ヨーロッパから輸入するときは、その点についても確認しましょう。

この場合Excel形式だと自分で項目を追加したり計算式を入れたりできるので便利です。

→ Amazonの価格を日米で一括比較するツール

 

 Amazonで販売されている商品の価格に関しては、最初から固定された金額ではなく、その商品に関わる状況に応じて変動するようになっています。

価格が変動する要因としては、当該商品と競合するような商品が販売されたり、販売する会社の状況よったりと、様々なことで価格に影響が出ます。

価格はいつ変化するのかわからないもので、この状況が輸入・輸出に影響すると考えられます。

新品でも中古品でも、その価格を決める際に常に市場の動向に影響されます。

 

Amazonで販売されている商品の比較をする際は、価格の変動がわかるようになれば、より比較になるでしょう。

 

価格を比較するツールによっては、価格の変動がグラフで分かりやすく表示される機能を持っているものもあります。

グラフで表示されれば、時系列で価格の変動がわかるようになり、輸入・輸出のタイミングをつかむきっかけにもなります。

比較するのは、Amazon・新品・中古品の3つによるもので、Amazonが販売しているものと出品している業者が販売しているものの比較ができ、価格の比較が一目でわかります。

また、日本と他国のAmazonの価格を比較することも可能で、両国の商品の売り上げランキング・定価・新品価格と新品在庫・中古価格と中古在庫などを比較することもできます。

これらの情報を取得することで、どの商品を輸入・輸出したらいいのかがわかります。

 

 Amazonの海外のサイトから輸入・輸出する場合は、向こうの通貨についてよく知っておくことが大事です。

為替というものが価格にも影響するようになり、為替について知っておくと、どの国で輸入・輸出したほうがいいのかがわかります。

 

Amazonを使って輸入または輸出をしている人、あるいはしようと考えている人は、為替について知っておきましょう。

 

1USドル=100円の場合、これが1USドル=90円になれば円高、逆に1USドル=110円になれば円安となります。

円高と円安によって、どういう場合に輸入・輸出すればいいのかがわかり、実際にそれらを行ったときに出る金額も異なります。

円高の時は輸入したほうが安く商品が手に入り、円安の時は輸出したほうが高く商品が売れるようになります。

 

為替に関しては、日本円は様々な通貨と取引があり、各通貨によって相場が異なっています。

為替相場を利用すれば、ある国で安く手に入れた商品を、別の国で高く販売されていれば、そこへ転売することもできます。

この方法によって、Amazonでも利益を出すことができます。価格比較ツールを使えば、その方法がやりやすくなります。

 

 以上のような方法でAmazonを利用した輸入・輸出をする際は、価格比較ツールがあればいいでしょう。

今後海外向けに商品を販売しようとしている会社や、海外から仕入れた商品を日本国内に販売しようとしている会社は、こうしたツールを導入して行うとやりやすくなりますよ。

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. Amazon アソシエイトの審査に通らない人のためのブログ作成法

  2. eBayでも使える!Amazonの価格差ツールのもう一つの使い方

  3. 柔軟性最強のAmazon商品情報自動取得ツールで最速価格リサーチ!《A…

  4. もう仕入に失敗したくない!Amazon FBA手数料、重量、サイズを自…

  5. Amazonアソシエイトへの登録方法

  6. Request signature is too far in the…

  7. Amazonツールを使うなら知っておきたいPAAPIでできてMWSでで…

  8. Amazon 自動ツールの氾濫の行きつく先

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事