スポンサーリンク

Amazonの価格を日米で一括比較するツール

スポンサーリンク

Amazonの日米の価格をAmazonの販売ページで比較するなら「世界価格比較ツール」が最強だと思います。

こんな感じで見た目も分かりやすくて、クリックすればその国のページにも飛べたり超便利です。

amazon-%e4%be%a1%e6%a0%bc%e5%b7%ae-%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%8f%96%e5%be%97

 

ただ、1商品1商品比べていくのはちょっと作業的に非効率です。

そこで、ASINをまとめて入力すれば一括で日本とアメリカのアマゾンから価格情報を取得してくれるツールを作成しました。

【輸出入ビジネス向け】日米Amazonの価格差を一括で取得するツール

 

このようにASINを入力すると、

asin%e3%82%92%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%a6%e5%85%a5%e5%8a%9b

 

一括で価格情報を取得します。

取得するのは日米Amazonのそれぞれ、

  • ランキング
  • 定価
  • BuyBox価格(カート価格)
  • 新品価格
  • 新品数
  • 中古価格
  • 中古価格

といった情報を取得します。

Amazon USとの価格を比較

 

もちろん商品名、メーカー名、商品画像(リンク)などの基本的な情報も取得します。

 

巷に売られているツールとは違い、このツールはエクセルベースなので、価格情報等を使って好きなように加工やカスタマイズできるところが良かったりします。

 

エクセルなんで並び替えも簡単です。

ランキングの高い順で、価格差が大きいものを抽出

なんてこともすぐできちゃいます。

 

今後は、このツールを常時起動しておいて、例えば、

ある金額以上(又は以下)になった商品を通知する

などといった使い方もできるように通知機能を付けていこうと思っています。

 

これにより始めに自分で決めたルールにも続いて数式などで条件を決めて通知させるようにすれば、あとは寝ていても勝手に監視してくれるような自動化の仕組みができるようになってくるはずです。

 

もし興味がある方は使ってみてください。

【輸出入ビジネス向け】日米Amazonの価格差を一括で取得するツール

 

ありがたいことに、「独自にこんな機能を付けて欲しい」といったお声もよく頂くようになりました。

それだけ自分だけのルールに基づいてカスタマイズすることで、他のライバルたちと差別化していくことができればまた強みとなっていくことでしょう。

 

巷に出回っているツールも便利ですが、あれってかなりの数の人が使っているんですよね。

ということは、みんな同じルールで動いているということなんで、「そりゃ飽和していくわ」ってことです。

数が群がってくれば価格競争に陥っていくのは自然の流れです。

 

それよりも独自のツールと独自のルールで戦略を立てて、ライバルに気づかれない(簡単に真似できない)方法で販売ができれば息の長いビジネスができます。

 

そういうことを目指しているツールです。

【輸出入ビジネス向け】日米Amazonの価格差を一括で取得するツール

 

ここまで読んで自分でも使ってみたいという方に、できるだけ使いやすくするために、ブログ読者限定のクーポンを付けています。

ブログ読者様限定20%OFFクーポン → zvHdjs99YC

 

いつもブログから買ってくださる方に新しいアイデアや応援をいただいており、ありがたい限りです。

あなたも興味があれば一度使われてみてください。

また、もっとこうして欲しい等アイデアやご意見を頂けるとうれしいです。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る Undefined Database Configuration