Windows環境をクラウド上に持てるWindows仮想デスクトップが便利過ぎる!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. こちらの記事に書いたとおり、

https://akindow.com/yahuoku_autobid/

BidMachine + Windows仮想デスクトップは最強の組み合わせです。

 

これがあるおかげで、寝ている間にも入札作業をしてくれますし、

余計な感情に流されず冷静な仕入ができます。

 

あと、MacユーザーがWindows環境を持ちたいといった場合でも、選択肢の一つになるでしょう。

 

しかし、いざWindows仮想デスクトップの導入をしようとすると、

ちょっと手間がかかると思うので、手順を書き記して置きます。

 

まずは、Windows仮想デスクトップに契約する必要があります。

ABLENETレンタルサーバーのサービスが一番安くておすすめです。

お試しもできるので無料で試してみてもいいでしょう。

→ Windows仮想デスクトップ

 

一番安いプランでBidMachineは十分動きますのでWin1のプランで問題無いです。

windows desktop

 

ページの下の方に行くと、下のようなお申し込みボタンがありますのでクリック。

windows desktop

①「Win1」プランを選択

②お試しで利用する場合は「試用あり」

③「ドメインの指定はしない」を選択。

windows desktop1

 

④同意するにチェック

⑤「規約に同意し、契約期間、オプションの選択へ進む」をクリック。

windows desktop

 

支払い期間の設定です。

まあ最初は「月払い」でいいと思います。

windows desktop

「同意する」にチェック。

「WindowsServer2012R2」を選択。

画面一番下の「申込者情報の入力、注文へ進む」をクリック。

windows desktop

 

お申込者情報を入力。

「注文内容の確認へ進む」をクリック

windows desktop

 

クレジットカードの情報を入力。

「注文を確定する」をクリックすると申込は完了です。

windows desktop

 

この後、まずメールボックスに「お申込み受付けお知らせ」という件名でメールが届きますが、

まだすぐには使えません。

しばらくすると、「設定完了」についてお知らせするメールが届きます。

 

完了メールが届いたら、お手元のパソコンからクラウド上のWindowsに接続します。

(1)Windowsパソコンの場合

(2)Macの場合

それぞれやり方が違いますので、次回それぞれ説明しようと思います。

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. Excel初心者が関数より先に覚えるべきこと(絶対参照・相対参照編)

  2. PDFをエクセルに変換する方法

  3. ABLENET(エイブルネット)をせどりで使っている人どれぐらいいるか…

  4. 業務効率化に取り組む前やるべき2つのこと

  5. ヤフオクに自動で入札するツールいろいろあるけど結局アレが最強!

  6. パソコンでクリーンアップしたら容量が増えた

  7. ExcelでAmazon価格を一括で取得するツールを作ってみました

  8. ヤフオク自動入札にはアプリを使わないと意味がない決定的な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事