Amazon USAでプライム出品情報を取得するツール

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「プライム出品の最安値が知りたい」

「プライム出品の1位と2位の価格差を調べたい」

などの理由でAmazon日本でのプライム出品情報を取得するツールを作成・公開しています。

ASINデータからAmazonプライム出品者を拾い出すツール
プロの依頼で開発したAmazonリサーチツールを公開

 

これと基本的には同じ理由で、Amazon USAでもリサーチがしたいといった場合のためにAmazon USA版も作成しました。

 

 

Amazon日本とUSA間でのプライム出品どうしの価格比較が可能になります。

つまりBuyBox価格(カート価格)どうしの比較もできちゃいますね。

 

 

しかもセラー名・セラーIDも取得できるので、

そのセラーIDを使えば、そのセラーが出品しているASINも抽出できます。

 

とまあ、いろいろ試してみたくなっちゃいますね^^;

 

Excelなのでデータの加工・抽出の自由度が高く、いろいろな視点で分析できてしまいます。

ASINという膨大なデータからは何もお金は生まれませんが、

そこから意味のあるデータを抽出するのはワクワクしますしなかなか面白い作業ですね。

 

なのでExcelはある程度使えるようになっていて損はないですよ。

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. Request signature is too far in the…

  2. MWS審査通らない?Amazon MWS用新Webサービス&独自API…

  3. ヤフオク自動入札にはアプリを使わないと意味がない決定的な理由

  4. 楽ぱそDVDの投資対効果を考えると”見えない利益̶…

  5. Amazonセラー必見!一括リサーチツールで利益が出る商品をまとめて抽…

  6. PDFを編集したい!無料ソフトでできること、できないこと

  7. pdf編集できるフリーソフトを探してみた

  8. ヤフオクの自動入札アプリで利益を最大化できる理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事