ebayで早期終了する方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

eBayで出品している際に早期終了したい場面がよくあります。

私の場合、よくあるケースは主に次の2つ。

1.バイヤーとの値段交渉が成立し、そのバイヤーに直接販売したい場合

2.入札しているバイヤーにすぐに販売したい場合

 

順番に説明していきます。

 

1.バイヤーとの値段交渉が成立し、そのバイヤーに直接販売したい場合

1.の場合は出品している商品に対して

「○○円なら買いますけど」って感じでバイヤーからオファーが来るケース。

結構ありますよね。

eBayのバイヤーってバンバン交渉してきます。

 

とんでもない安い金額で言ってくる話にならないバイヤーもいますけど、

「これだったらいいかな?」って金額だと

こちらも「いいですよ」って交渉成立した場合ですね。

 

そんな時は一旦そのオークションを終了させてしまいます。

そして、「Buy it Now or Best offer」方式でちょっと高めの金額で出品します。

そうしておけば、目的のバイヤーからのオファーを受け取って

そのバイヤーに販売することができます。

 

例えば、$300で出品していて、

価格交渉の結果$250で交渉成立した場合、

「Buy it Now or Best offer」方式では

例えば、$350とかで出品します。

 

そうしておけば少々高めなので、他の人が落札する可能性は低くなります。

あとは、目的のバイヤーからのオファーだけをAcceptすればいいです。

 

また、「Buy it Now or Best offer」にしておくと他にも利点があります。

交渉成立した金額ってちょっと安めの金額になることが多いと思うのですが、

その金額で出品し直してその金額で落札されると、

落札履歴(Sold listings)には残ってしまうので、

その商品または市場の相場を自ら下げてしまうことになります。

 

買う側が次に商品の相場を調べて購入しよう場合に

その安い落札価格に引っ張られてしまうことが考えられます。

上の例では次からはその商品は$250が履歴として残ってしまい、

相場を下げてしまうことになります。

 

いっぽう

「Buy it Now or Best offer」方式にしておくと、

オファーを受けて交渉成立した金額は、

落札履歴には、

Buy it Nowで付けた高額な金額は表示されますが、

Best offerで交渉成立した安い金額は履歴からは見れません。

 

上の例では、

$350と金額が線で消されて表示されますが、

実際に落札された$250という金額はどこにも表示されません。

 

なので、次その商品を売るときには、

バイヤーから見たときには、履歴(Sold listings)を見たとしても

その高い金額で印象付けられるか、

少なくとも安い金額に引っ張られることはありません。

 

2.入札しているバイヤーにすぐに販売したい場合

これは既に入札が入っているけど、

終了までまだ数日残っている場合などですね。

 

先日もプレゼント用で早く欲しいから

早く落札させて欲しいという依頼がありました。

 

この場合は、eBay側が機能を提供しています。

正当な理由であれば手数料はかかりませんが、

そうでない場合は手数料がかかるので注意してくださいね。

出品の早期終了について

 

今回のケースのように最高入札者に早期落札させてあげたい

といった場合は問題ありません。

 

方法は、こちらに行って、

http://offer.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?EndingMyAuction

Item numberを入力します。

ebay 早期終了1

 

Item nunberの場所は、少々わかりにくいですが、

商品ページの「Description」の欄の一番右側に小さく記載されています。

その番号を入力してください。

 

そして、

「Sell item to high bidder(高額入札者に商品を販売する)」

を選択します。

ebay 早期終了2

 

これで無事早期終了することができます。

ebay 早期終了3

 

 

ちなみに、今回早期終了してあげたケースですが、

本当は終了までに価格が上がる可能性があるわけなので、

終了まで待った方がもっと高く売れたかもしれません。

 

しかし、相場の金額だったので、

それ程価格が上がることも期待できませんでした。

 

それより、「プレゼントにあげたい」というバイヤーさんの気持ちをくみとって、

「君のためにすぐに終了してあげるよ」

と提案してあげました。

 

その方が相手も喜んでくれたし、

その後の取引にもつながるんじゃないかな~

という下心もありました^^;

 

まあ、何もなかったとしても、

今回みたいに喜んでくれたら単純に嬉しいですよね。

 

大園 剛嗣
鹿児島在住・アラフォー
元SE、現在ITコンサル・システム開発
小さな会社のための「儲かるIT」を日々追い求めてブログ「あきん道」を運営中。
最近は自作のツールを販売しています。こんなツールが欲しいなどのお声は大歓迎です!

関連記事

  1. eBayでも使える!Amazonの価格差ツールのもう一つの使い方

  2. 利益を取るか、現金を取るか

  3. Amazonセラーのための出品・リサーチツールまとめ

  4. 無料のPDF編集ソフトを本気で探した結果、やっと使えるやつみつけた!

  5. PDFをWord(ワード)に変換する方法(無料)

  6. eBayとAmazonの違いって?個人輸出をするならどっちをやるべきか…

  7. eBay輸出&直接取引を今から始めるならExport Gate

  8. エクセル初心者が練習するときのツボはココ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事